齊藤不動産管理事務所 賃貸部門 > 齊藤不動産管理事務所のスタッフブログ記事一覧 > 高齢者の不動産売却トラブルの事例をご紹介!回避方法も解説

高齢者の不動産売却トラブルの事例をご紹介!回避方法も解説

≪ 前へ|和室のメリットとデメリットは?古い和室をおしゃれに見せる方法も解説   記事一覧   ベランダに生えた苔をきれいに掃除する方法とは?原因や予防策も解説|次へ ≫

高齢者の不動産売却トラブルの事例をご紹介!回避方法も解説

近年、高齢者の不動産売却トラブルが少なくありません。
また、高齢者の不動産売却トラブルには「どんなものがあるの?」と気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は高齢者の不動産売却トラブルについて、理由や事例、回避方法を解説していきます。

高齢者の不動産売却トラブルが増加している理由

国民生活センターのデータでは、60歳以上の不動産売却の相談件数は2018年以降600件を超えています。
また70歳以上の不動産売却トラブル件数も増加傾向にあり、2020年は70歳以上の相談割合が52.3%と全体の半数以上です。
トラブルの原因には、悪質業者が高齢者をターゲットにしていることが挙げられます。
また認知症などで意思能力がない場合の契約は民法上「無効」にすることが可能ですが、それ以外で結んだ契約の取り消しは原則できないことも原因の一つでしょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却の媒介契約は3種類!各契約方法のメリット・注意点とは

不動産売却トラブルの事例

高齢者の不動産売却トラブルには、以下のような事例があります。

●売却することをしつこく迫られ、解約したいと伝えたら高額な違約金を請求された
●内容がよくわかっていないまま売買契約を結んでしまった
●不動産を売却した後、シロアリの駆除費用として高額請求された


不動産売却の契約は原則取り消しができないため、解約をめぐってトラブルとなるケースが少なくありません。
とくに高齢者では違約金を支払うと老後の生活資金がなくなり、今後の生活に影響する可能性があるため注意しなければなりません。

▼この記事も読まれています
不動産売却に必要な書類とは?それぞれのタイミングで取得方法も解説

不動産売却トラブルの回避方法

不動産売却トラブルを回避するためには、以下のポイントを意識しましょう。

●納得がいかない場合は絶対に契約しない
●不動産業者と交渉する際は、弁護士などの専門家に立ち会いをしてもらう
●売却を考えていない場合は、勧誘をはっきり断る


不動産会社の話がよくわからない場合は絶対に契約せずに、専門家に立ち会ってもらった上で納得がいった場合のみ契約を進めましょう。
またそもそも不動産の売却を考えていない場合は、「勧誘はやめてください」とはっきり断ることも大切です。

▼この記事も読まれています
築10年一戸建てを売却するには?売却のコツや注意点をご紹介

まとめ

高齢者の不動産売却トラブルが増加している理由としては、悪質業者が高齢者をターゲットにしていることなどが挙げられます。
トラブルの事例としては、内容があいまいなまま流れで契約してしまうことや、高額な違約金の請求などがあります。
トラブルを回避するためには、納得いかないまま契約をしないことや交渉時は専門家に立ち会ってもらうこと、勧誘をはっきり断ることに注意しましょう。
石巻市の賃貸・不動産売買なら齊藤不動産管理事務所にお任せください。
当社は、石巻市育ちが運営するアットホームな不動産会社です。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|和室のメリットとデメリットは?古い和室をおしゃれに見せる方法も解説   記事一覧   ベランダに生えた苔をきれいに掃除する方法とは?原因や予防策も解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ハイムスクエア石巻双葉3番館

ハイムスクエア石巻双葉3番館の画像

賃料
6.3万円
種別
アパート
住所
宮城県石巻市双葉町5-36-9
交通
陸前山下駅
徒歩21分

センチュリー寿

センチュリー寿の画像

賃料
4.5万円
種別
マンション
住所
宮城県石巻市湊東2丁目
交通
石巻駅
徒歩34分

クレアコート A

クレアコート Aの画像

賃料
6.6万円
種別
アパート
住所
宮城県石巻市中里5丁目8-16
交通
陸前山下駅
徒歩16分

三興アパート

三興アパートの画像

賃料
3.5万円
種別
アパート
住所
宮城県石巻市蛇田字金津町前
交通
蛇田駅
徒歩3分

トップへ戻る

来店予約