齊藤不動産管理事務所 賃貸部門 > 齊藤不動産管理事務所のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却に必要な書類とは?それぞれのタイミングで取得方法も解説

不動産売却に必要な書類とは?それぞれのタイミングで取得方法も解説

≪ 前へ|賃貸物件の内見する際のポイントは?持ち物や時間帯などを解説   記事一覧   二人暮らしに最適な間取りとは?間取りごとのメリット・デメリットを解説|次へ ≫

不動産売却に必要な書類とは?それぞれのタイミングで取得方法も解説

不動産の売却には、さまざまな書類が必要なことをご存知でしょうか?
しかし、どんな書類が必要なのか、どこで手に入れるのか、わからない方も多いでしょう。
そこで今回は、不動産売却に必要な書類の種類や入手方法、注意点について解説します。

不動産売却前に必要な書類と取得方法

まず、不動産売却には、物件の状態や価格を示す「パンフレット」が必要です。
パンフレットは、不動産会社に依頼して作成してもらうことができます。
次に、売却する不動産の価値を示すために、インスペクションの結果報告書や新耐震基準であることを確認できる書類などを準備しておきましょう。
インスペクションの結果報告書は、既存住宅状況調査技術者と呼ばれるインスペクターに調査を依頼することで取得することが可能です。
そして、新耐震基準であることを確認できる書類については、専門機関に耐震改修工事や耐震診断の依頼をすることで取得することが可能です。

不動産契約締結時に必要な書類と取得方法

不動産契約の締結時には、不動産を売却を始める前よりも、多くの書類が必要になります。
その書類は全部で6種類ぐらいあり、必ず必要な書類や原則必要な書類など基本的に需要な書類ばかりです。
先ずは、媒介契約書で、不動産売却を進めるうえで3種類の契約があり、その中のどの契約を結んだかの確認をすることができます。
また、買付証明書や売買契約書などもあります。
そのほかにも、精算関係書類や鍵受領書、物件引渡確認書があります。
このように多くの書類がありますが、すべて不動産会社が用意する書類なので安心でしょう。

不動産決済時に必要な書類と取得方法

不動産決済時に必要な書類は、査定訪問や売却契約の約1〜2週間前までに、必要な書類をすべて揃えておくことが重要です。
これにより、スムーズな取引プロセスを確保でき、安心感が得られます。
用意が必要な主な書類には、登記済証、間取り図、固定資産税納税通知書、印鑑証明書、建築確認済証、マンションの管理規約、地積測量図、本人確認書類、耐震診断報告書が含まれます。
これらの書類は不動産の売却に際して不可欠であり、余裕をもって準備しておくことが肝要です。
通常、不動産会社はすべての書類が整っているかどうかを確認してくれますが、自らもリストを作成し、不備がないかを確認することが大切です。
その他にも、維持費が判る書類、住民票、建築設計図書、ローン残高証明書、銀行口座書類なども早めに用意しておくと、後々の手続きがスムーズに進み、不測の事態にも迅速に対応できます。

まとめ

不動産売却には、さまざまな書類が必要です。
そのため、不動産会社が必要な書類がそろっているかの確認をおこなってくれますが、自身で必要な書類を把握し、前もって書類を集めておくことがスムーズに売却をおこなうために重要なことです。
石巻市の賃貸・不動産売買なら齊藤不動産管理事務所にお任せください。
当社は、石巻市育ちが運営するアットホームな不動産会社です。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件の内見する際のポイントは?持ち物や時間帯などを解説   記事一覧   二人暮らしに最適な間取りとは?間取りごとのメリット・デメリットを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

 おすすめ物件


ハイムスクエア石巻双葉2番館

ハイムスクエア石巻双葉2番館の画像

賃料
6.3万円
種別
アパート
住所
宮城県石巻市双葉町5-31-19
交通
陸前山下駅
徒歩21分

センチュリー寿

センチュリー寿の画像

賃料
4.5万円
種別
マンション
住所
宮城県石巻市湊東2丁目
交通
石巻駅
徒歩34分

三興アパート

三興アパートの画像

賃料
3.5万円
種別
アパート
住所
宮城県石巻市蛇田字金津町前
交通
蛇田駅
徒歩3分

三興アパート

三興アパートの画像

賃料
3.5万円
種別
アパート
住所
宮城県石巻市蛇田字金津町前
交通
蛇田駅
徒歩3分

トップへ戻る

来店予約